足などに影響のでる腰の病

改善する方法に関する注意

医師

脊柱管狭窄症は腰の神経に関する病気の一つで、原因の多くは加齢があり歩く事で足がしびれたり痛みが出たり、こわばったりする症状があらわれます。治療に関しては、保存的治療と手術による治療が挙げられますが、多くの場合は保存的治療を行う事になるでしょう。脊柱管狭窄症に効果のあると言われるようなサプリメントなどもあり、これを利用して手軽に治療を行う事を試みようと検討する方もいらっしゃるかもしれませんが。しかし、その効果の証明はまだ確実にされていない場合もあり、副作用の面からも脊柱管狭窄症の治療は病院で行う方が良いと言えるのではないでしょうか。もしサプリメントなども利用したい場合は、病院で診察を受けた上で相談する方が良いかもしれません。

保存的な改善方法

脊柱管狭窄症は余程、悪化しない限り手術という選択はされないため、保存的な治療になりますが、この方法にはコルセットや鎮静剤の使用が行われます。最近では人気の治療の一つとして、効果が出るとされる薬の使用なども行われる場合があり、人気の理由は服用するだけという手軽さにあるかもしれません。牽引などの理学療法に関しても行われる場合があり、これに関しての効果は不確かな部分もあるため、効果の高い方法の一つとして薬などの登場によりその人気を得ていると言えるのではないでしょうか。治療に関しては医師の判断による所もあるでしょうが、このような情報を把握してそれがより的確かを判断する材料にするためにも、知っておいた方が良いかもしれません。

注意すべき点や豆知識

病院

脊柱管狭窄症になった場合は、日常生活にも注意する必要があります。重いものを持ったり、長時間同じ姿勢でいることは腰に負担がかかるので注意しましょう。また喫煙も血流が悪くなるので注意しましょう。また脊柱管狭窄症には様々な症状が現れますが、間欠性跛行もその一つです。

詳細を確認する...

腰痛の症状がでる病気

医師

脊柱管狭窄症の症状によって腰を悪くしてしまうと日常生活にも影響が出てきて、生活がしにくくなります。それを避けるためにも、腰の負担を軽くして行く必要があります。腰痛や違和感を感じた場合は病院に行ってしっかりと検査をしてもらいましょう。

詳細を確認する...

脊柱管と症状の傾向

病院

脊柱管狭窄症は、背骨が加齢などの要因で変形してしまって、脊柱管が狭まることで発症する不具合のことです。若い頃に腰に負担を与えた男性高齢者に多い傾向があります。ただし、変性すべり症は女性に多い傾向です。

詳細を確認する...