注意すべき点や豆知識

病院

脊柱管狭窄症とは脊柱管の組織が変性することによって、脊柱管が狭くなりその中を通る神経や血管を圧迫する病気のことを指します。腰痛や足のしびれなどを訴える患者が多いです。この病気は高齢者に多いとされています。若い時に重労働や重い荷物を持つ仕事を続けたり、腰を痛めたことがある人はなりやすいと言われているので注意が必要です。また脊柱管狭窄症になってしまった場合、日常生活を送るうえで注意すべき点はどこにあるでしょうか。背中をそらすと症状が出やすいので、前かがみで楽な姿勢をとるように注意しましょう。また重いものを持ち上げたり、同じ姿勢で長時間いたりすることは腰に負担をかけるので注意しましょう。また喫煙は血流を悪くさせて症状を悪化させるので注意しましょう。

脊柱管狭窄症とは高齢者に多い病気です。また脊柱管狭窄症にかかると様々な症状がdてきますが、その一つに間欠性跛行があります。漢字で書くと難しいですが、一体どのような症状でしょうか。これは安静にしているときは何でもない人が、歩き始めてしばらくすると足にしびれや痛み、脱力感が生じて歩きにくくなります。するとしばらく前かがみになって休むようになりますが、休むとしびれや痛みなどが軽減してきます。そしてまた歩けるようになります。この状態のことを間欠性跛行といいます。症状が軽いうちは歩ける時間は長いのですが、症状が進行すると歩ける時間が段々と短くなっていくのが特徴です。更にひどくなれば建っているだけでも辛くなってくることもあります。