腰痛の症状がでる病気

医師

脊柱管とは、背骨に囲まれた管状の空間を指します。脊柱管の中には硬膜と呼ばれる袋がありその中には神経が流れています。脊柱管狭窄症は、脊柱管の中の神経が圧迫され怒ってしまう病気です。原因としては生まれつき脊柱管が狭いという事や、加齢、脊柱管の周りの組織の変形などが挙げられています。脊柱管狭窄症は主に高齢者の方によく見られる病気ですが、若い人でも長時間重い荷物を持っていたり、長時間運転をしたりすると発症してしまう可能性があります。脊柱管狭窄症の症状は主に腰痛です。症状が進行してくると、足先が上がらなくなったり、しびれが出てきたり、下半身全体に症状が出てきます。腰に痛みや違和感を感じたら、一度病院に行って診察してもらうと良いでしょう。

次に脊柱管狭窄症の検査方法と治療方法を説明していきます。問診や画像検査、身体所見、筋力検査などで診察されます。また、症状によってどこの神経が悪いのかも推測することができます。画像検査は問診や身体所見等の検査で問題が見つかった場合、その確認として画像検査が行われます。脊柱管狭窄症は薬物療法、運動療法、理学療法、神経ブロック療法などの方法で治療を行っていきます。症状やその後の生活の仕方によって、どの治療法が良いのか異なってくるので医師とよく話し合って決めていきましょう。治療後は腰に負担をかけない生活を心がけてください。休憩を挟みながらの運転や、重い荷物を長時間持たないなど、腰の負担を減らしていきましょう。